家 高く売る

あなたの売りたい住宅・不動産、いくらで売れる?

 行動に移すことから始めましょう!
 簡単ステップ依頼で、価格査定を一括取り寄せできます。
 

無料!簡単60秒でネット一括依頼

不要な物を処分しましょう。

不動産を売却する時には原則、空き家の状態で引渡しになります。
という事は、引渡しまでに不要な家具等は売主の負担で処分します。
大型の家具等に関しては、購入希望者と話し合いの上で置いていくことも
可能ですが、断られた場合にはやはり処分しなくてはいけません。

居住中にもできること

居住中でも出来ること、それは引越し先の家に持って行かない不要なものは
処分して、すっきり整理整頓することです。
その場合、引越先でもそのまま使う家具はいいのですが、サイズが合わない、雰囲気が合わない、古くなったから等、
もう使用するつもりのない不要な家具等がでてくるかもしれません。

 

当然の事ながら、家が売れたら引越しをします。
まだ荷作りを・・・とまではいきませんが、不要な物を少しずつ処分するのは
一石二鳥ですね。

実際に不用品を処分しよう!

不用品処分の4ステップ!

 

 

@何があるか把握する

 

カテゴリー毎にどんな家具があるか把握しましょう。
カテゴリーは具体的に「キッチン」「ダイニング」「リビング」「個室」「洗面所」「トイレ」「玄関」「納戸」が考えられますね。引越ノートを1冊準備して書き出してみましょう。
もちろん売却時に理由を考えた時のノートでもOKです!

 

 

A新居に持っていく?持っていかない?

 

@でノートに書き出したカテゴリーにはどんな家具がありましたか?
その家具に「持っていく」「持っていかない」の区分をしましょう。

 

 

B処分の方法を決める

 

さて、Aで不要な家具が洗い出されたかと思います。

 

「全部次の引越先でも使うわ!」といった方はお疲れ様でした。
こちらのノートはどの家具を次のお家のどの部屋で使うのか。等の資料としてお使い下さいね。

 

さて、不用な家具が判断できた方は、次のステップは処分の仕方です。
処分の方法としては

 

引越時に引越し業者に引取処分してもらう /有料、引越時に一緒に作業できる

 

リサイクルショップに売却する /利益がでるかも。引取ってもらえない家具もある

 

市町村の粗大ゴミに出す /有料、玄関の外まで家具を出さないとならない

 

以上3点があります。
処分方法にお勧めはありませんが、手間がかからないのは「引越時に引越し業者に引取処分してもらう」のが一番簡単です。引越業者との契約の時に一緒に依頼しましょう。

 

ところで、オークションにて販売する方法もありますが、家具の発送に手間がかかりますし、確実に売れるとは限りませんのであまりお勧めしません。
ですが時間に余裕があるならチャレンジしてみてもいいかもしれませんね。

 

 

C処分先に今すぐ連絡する。

 

すぐに手放しても大丈夫な家具に関してはすぐに行動を起こしましょう。
後でやれば・・・と言っていると結局は引越業者に処分を依頼する事になるかも。
市町村の粗大ゴミに関して言えば、連絡したからと言ってすぐに引き取りにきてはくれません。
早くても2週間後とかになる場合もありますので、なるべく早めに行動する事をお勧めします。

 

 

>>>>ニオイに注意しよう

あなたに合った不動産価格査定書を一括でご提案します!!

 一括査定をしないで損していませんか?
 全国300社以上、複数の不動産会社から価格査定書が届きます。
 

完全無料!簡単60秒でスピード依頼