家 高く売る

あなたの売りたい住宅・不動産、いくらで売れる?

 行動に移すことから始めましょう!
 簡単ステップ依頼で、価格査定を一括取り寄せできます。
 

無料!簡単60秒でネット一括依頼

言いづらい売却理由

 

家、高く、売る、売却、理由、説明、伝え方、

 

言いづらい売却理由も伝え方でこんなに違う

 

売却理由には「正直に答えて問題のない」ものと「悪い印象」のものがありましたが、
その中でも「正直に答えて問題のない」とは言え、言いづらい理由もありました。

 

離婚のため と 住宅ローンの返済が困難になったため
この売却理由は自分自身も言いづらい内容ではないかと思います。
購入希望者にも悪い印象を与えてしまうのでは?と気になりますよね。

 

でも、離婚や住宅ローンの返済が困難と言った理由は最近では増えてきています。
縁起をかつぐ人には嫌がられるかもしれませんが、気にしない人が多いのも事実です。
明るく堂々と伝えれば、マイナスイメージが薄れる気がします。

では内覧の時にはどこまで話す?

売却理由は必要以上に隠さないようにしましょう
隠すことによって、逆に購入希望者の不安を煽ることにもなりかねません。
「正直に答えて問題ない売却理由」の方は堂々と答えましょう。

 

しかし、正直に答えて問題ないとはいえ言いづらい売却理由の場合。

 

「言いづらいから嫌だ」と隠して売却理由を伝えなかったり、
オドオドしていたりすると、逆に「何か言えない酷い理由があるのか?」と想像されてしまい
購入希望者に悪いイメージがついてしまいます。

 

そうなってしまうと購入意欲が下がってしまい、
物件が候補から外されてしまいます。
せっかくの購入希望者が減ってしまうのは損だと思いませんか?

 

それでも伝えづらい場合には、購入希望者には「家庭の事情で売りたいんです」
と簡単に伝えておいて、後で担当者から売却理由を伝えてもらう手もあります
内覧が始まる前に担当者と綿密に相談するのをお忘れなく!

悪い印象の売却理由

売却理由をどこまで正直に話していいのだろうか?と悩むような
「印象の悪い売却理由」の方は
不動産会社に正直に売却理由を話して相談しましょう。

 

告知義務がありますので隠し通す事はできません。

 

むしろ変に隠すと「不告知」として責任を問われます。
購入希望者が内覧をする前に担当者から報告するはずですが、
ここの部分は担当者に必ず確認をしましょう。

 

内覧時は必ずしも売り主が立ち会わなくてはならない。という事ではありませんので
立ち会わず担当者に任せる。といった対応もできます。

 

少しでも疑問があれば内覧が始まる前に担当者に安心できるまで
確認をとりましょう。

 

家、高く、売る、売却、理由、説明、伝え方、

言い方を変えてみる。

「狭いから」とストレートに理由を言ってしまうと受け手は「あぁこの部屋は狭いんだ」と
マイナスのイメージを持ってしまうかもしれません。

 

「子供が自分の部屋が欲しいと言ってるから」と違う角度から理由を伝えてみると
相手の印象も違うと思いませんか?

 

正直に伝えて問題がない売却理由でも、
ちょっとした言い方で好印象になりますので、
理由を考えた時に同じ内容でも違った言い回しを考えてみる事をお勧めします。

 

そうすれば購入希望者への印象がもっと良くなり、希望価格で売れたり(値引きされない)
販売にかかる期間が早くなったりするかもしれません。

 

 

 

>>>>不動産会社の種類

あなたに合った不動産価格査定書を一括でご提案します!!

 一括査定をしないで損していませんか?
 全国300社以上、複数の不動産会社から価格査定書が届きます。
 

完全無料!簡単60秒でスピード依頼