家 高く売る

あなたの売りたい住宅・不動産、いくらで売れる?

 行動に移すことから始めましょう!
 簡単ステップ依頼で、価格査定を一括取り寄せできます。
 

無料!簡単60秒でネット一括依頼

不動産会社との媒介契約って何?

一般的に不動産を売却する場合、自分で買い手を探し書類を準備して契約
といった手続きをするのは難しいため、不動産会社に仲介(媒介)を依頼します。
不動産会社と正式に売却の依頼をする時には「媒介契約」を結びます。

 

媒介契約とは、不動産を売却する為のサービスの内容とその手数料などを
書面にて明確にするための大事な契約になります。

不動産会社との媒介契約の種類

媒介契約には3つの種類があります。

 

*専属専任媒介契約
*専任媒介契約
*一般媒介契約

 

 

*専属専任媒介契約

 

不動産会社とこの「専属専任媒介」の契約をした場合、
1社にしか売却を任せることができません。(他に重複して依頼してはいけない)
A社と契約をしたら、他のB社やC社に販売を依頼することはできません。
契約期間が終わるまで、このA社が窓口になり販売することになります。
専任媒介の契約期間は3ヶ月を超えてはならない。

 

依頼した不動産会社が紹介する買主としか取引できない
売主が買主を見つけてきてはいけない
1週間に1回以上の営業報告義務がある
レインズへの登録義務あり。登録は契約をしてから5日以内にしなくてはならない。
媒介契約の有効期間は3か月以内とする

 

*専任媒介

 

不動産会社とこの「専任媒介」の契約をした場合、
1社にしか売却を任せることができない(他に重複して依頼してはいけない)
A社と契約をしたら、他のB社やC社に販売を依頼することはできません。
契約期間が終わるまで、このA社が窓口になり販売することになります。

 

売主が買主を見つけ、契約することも可能
2週間に1回以上の営業報告義務がある
レインズへの登録義務あり。登録は契約をしてから7日以内にしなくてはならない。
媒介契約の有効期間は3か月以内とする。
依頼者の申し出により契約を更新した場合も有効期限は3ヶ月以内とする

 

*一般媒介

 

不動産会社とこの「一般媒介」の契約をした場合、
複数の不動産会社に売却を任せることができる
A社、B社、C社とも契約できる。

 

売主が買主を見つけ、契約することも可能
営業報告の義務はないので、売主から連絡を取り確認をする必要があります。
レインズへの登録義務なし

 

 

このように媒介契約によって活動内容に差がでてきます。
どの契約が高く売るためには有利になるのか検討してみましょう。

 

 

>>>>専任媒介と一般媒介どちらを選べばいいの?

あなたに合った不動産価格査定書を一括でご提案します!!

 一括査定をしないで損していませんか?
 全国300社以上、複数の不動産会社から価格査定書が届きます。
 

完全無料!簡単60秒でスピード依頼